貯蓄型保険の加入者からの視点

私が今入っている保険は貯蓄型です。 8000円ほどの保険と毎月2000円ほどの貯蓄の保険に入っていて、月々1万円支払っています。 でも、普段自分がどんな保険に入っていて、貯蓄もいくらくらい出来ているのか保険屋さんにお任せしているのが現状です。 もしもの時、怪我や病気で入院した時のために備えて入っているのですが、普段健康な時は全く必要ないし、8000円分は切り捨てみたいな感覚になって、どうしてもいいイメージがわきません。 でも、一方で2000円知らないところで貯金されていて、満期になったら戻ってくることを考えるとプチお小遣いのような気がしてとっても嬉しいです。 そこで提案ですが、例えば毎月1万円プラン保険は8000円分、2000円は満期に戻ってくる。でも怪我や病気が無く満期を迎えた場合、次の更新時に年齢ごとに上がっていく保険をさらに継続してもらえるのであれば、8000円の保険料の中から何%かを継続保険の割引として持っていけるようにする。もしくは満期時支払いの際少し上乗せして(利息がつくような感じで)保険の最後に健康だった方にちょっとだけお得感を出してほしいな…と思います。 怪我や病気で保険を使った方は「この保険に入っていて本当に良かった」と心から思うわけですが、健康で満期が来た方にとっては、安心感は得られたとしても、このご時世だったら年齢が増えるだけ高くなる保険を見直して安い保険に意向しよう。と思うのが正直なところだと思います。 また、年末調整時だけではなく、毎月現在の貯蓄額や引き出し可能額、どんな時に保険を利用して欲しいなどのお便り等つけてメール配信やお便りを出していただくと、保険がもっと身近なものに感じるかと思います。 保険レディーさんなどがいろいろアドバイスくださいますが、突然の訪問や聞きたいことを聞けないまま自分の希望にそぐわない保険を勧められたりするので、個人的には貯蓄型の楽しみだけの旨味より、インターネットなどで自分にあった保険を真剣に探し出して加入した方がいいのかな…と悩んでいます。正直保険レディーさんはサービス向上で粗品をもってきて下さることもありますが、私たち顧客が欲しいのは私に合った今現在の保険の情報です。世間の景気に合わせて保険の考え方やサービスも考えてほしいです。新規の顧客には特典を、現状維持の顧客は静観を…では今の世の中ではお客は離れていくと思います。

最新のエントリー一覧

死亡保険に加入していれば

死亡保険とは、一家の大黒柱がまさかの事故でなくなったり、急な病気で死に至ってしま...


損害保険に加入するべきです

最近色んな自然災害が増えています。色んな財産を自然災害や事故から守るためには、損...


お金を貸すときはあげるつもりで

私は子供の頃からお金の管理に関してはしっかりしていて、お小遣いやお年玉、アルバイ...


友人に貸したお金

"私は50歳になる主婦です。 私は商業高校を卒業しています。 この商業高校のころ...


電子マネーを使わない理由

"最近、楽天edyを様々なお店で見かけますね。あんまり調べたことがないので、いま...