保険内容の重複

■保険内容の重複

子ども保険は、他の貯蓄型の商品に比べて、貯蓄性に優れているとは言い難く(つまり、利率が低い)
死亡保障や、医療保障など、保障内容に優れているわけでもありません。
といえば、加入する気が失せてしまうかもしれませんが、
子ども保険の特徴として、子どもの進学に合わせた給付によって、確実に教育資金として使えることがあげられます。

ですから、出来るだけ効率よく利用するには、他に加入している保険と照らし合わせて、保険内容が重複しないように検討する必要があります。
保険は、万が一の時のためのものですが、慎重になりすぎて、多くの保険に加入していても、保険事故がおこらなければ、無駄になってしまうこともあるのです。

貯蓄型の子ども保険の一番シンプルなタイプでは、医療保障は付いておらず、死亡保障ですら特約の場合もあるほど貯蓄に特化したものですので、他の生保の内容と重なることはあまり考えられません。
ただ、保障の大きい商品では、その分保険料も割高です。
実は、子どもが小学校や中学校に通っている間は、学校で加入できる団体保険の方が、保険料が安く、保障も大きいものもあります。
掛け捨ての保険の場合、理由を深く問われなかったり、給付対象が安価でスムーズな所もあり、案外便利です。