保険の受取について

■契約者・被保険者・保険金受取人

生命保険は、「保険契約者」「被保険者」「保険金受取人」の三者から成り立っています。

★保険契約者
保険会社と契約を結んだ人で、保険料を支払います。
お金を払う人に商品の権利があるので、解約も、受取人を決めるのも、契約者ということになります。
たいていは、親が子どもの年齢に合わせて契約するので、保険契約者=親ですが、
中には、祖父母が保険料を支払うため、=契約者となることもあります。
ただし、保険会社によっては、加入可能な親等が決められていることもあります。
また、死亡保険の場合、保険契約者が死亡すれば払い込みがストップするため、保険契約者の年齢制限が設けられている場合があります。
年齢制限にひっかからなくても、保険契約者が高齢になるほど、リスクが高まりますから、保険料は高くなります。
もともと、貯蓄性よりも、確実に貯めることを目的としている商品ですが、
掛け始める年齢によっては、確実に元本割れすることもあります。

★保険金受取人
子ども保険は、給付の時期を、子どもの年齢によって確約するものですが、その受取は、育英年金出ない限り、子ども本人ではなく、別に定められた受取人で、一般的には「親」、つまり、契約者です。
というと、死亡保険を自分受取で掛けるの?ということになりますが、積立目的の保険商品は、契約者=受取人となることが少なくありません。
というのも、契約者=受取人だと、保険金は所得税の対象ですが、一時所得扱いで特別控除があります。
契約者と受取人が異なる場合には、贈与税の対象になる場合があります。

★被保険者
生命保険の給付時期の条件の対象となる人のことですから、子ども保険のばあい、子供のことです。