保険金や祝金にかかる税金

■保険金や祝金にかかる税金

学資保険の保険金や祝金には、実は「税金」がかかります。
自分が積み立ててきたお金なのに!!と思われるかもしれませんね。

満期保険金、祝い金は、収入として扱われ、「所得税(一時所得)」の対象となります。

一時所得の計算方法は、次の通りです。


一時所得 = 総収入金額 − 収入を得るために支出した金額 − 特別控除額(最大50万円)
これの、半額が課税対象となります。

具体的な数字にしてみましょう。
満期保険金 300万円の商品に加入しているとします。
実際に払い込んだ保険料の合計が、290万円だったとします。

一時所得 = 300 − 290 − 50 = −40
となり、この時点で、マイナスになるので、所得税のかかる収入ではないとみなされます。

逆算すると、
300万の商品を250万以下で購入した場合から所得税が発生するわけで、現況の商品では、そんな利率のものはありませんから、心配の必要はありません。
ただ、もっと高額商品を若いうちに一括で支払ったなど、特殊な場合は、一応、保険会社(税務署でも教えてくれます)に相談しておきましょう。
まず、大丈夫ですけど…