説明不足

"最近話題よく耳にする、年金額の現象。
しかし、もともと制度の仕組み上「自分が収めた年金が、老後に支給される」のではなく「今生きている老人を、若い世代が支える」なのだから、もらえる額が少なくなる場合があるのは、仕方がないことだと思っています。
そうすると、今の老人たちが受け取る金額がそのままなのはおかしく、収める人が少ないのならば、それに合わせて一人あたりに支給される額が減るはずなのですが、結局は最初の説明でそのあたりをきちんと説明して来なかったツケが来ているのではないかと思います。
どうせ義務とされるなら、もう税金のように一律で全員から徴収して、老人福祉のために使えばいいのではないかと思います。
下手に管理する団体などを作るより、すでにある税金を処理する仕組みの中に組み込んでしまえば、コストも抑えられると思うのですが。"