加入厚生年金に加入していると、「遺族厚生年金」、「障害年金」を受け取ることができます

"厚生年金について調べていると、加入厚生年金に加入していると、「遺族厚生年金」を受け取ることができますということでした。
厚生年金に加入している人が亡くなった場合、原則18歳未満の子どものいる妻や子どもは、「遺族基礎年金」「遺族厚生年金」を受け取ることができますということでした。
また、亡くなった人に扶養されていた55歳以上の両親・祖父母などの遺族は、「遺族厚生年金」を受け取ることができますということでした。
また、加入厚生年金に加入していると、「障害年金」を受け取ることができますということでした。
これは、厚生年金に加入していた人が障害を負った時に給付され、障害等級が1~2級の場合は「障害基礎年金」「障害厚生年金」、3級の場合は「障害厚生年金」の給付を受けることができますということでした。
"

自分で借金返済に苦しんでいるなら借金のデスレースから逃げる!債務整理相談所まとめを見ればヒントを見つけれますよ。