子どもの保険の種類

子どもが生まれる時、気になることがイロイロありますよね。
まずは、子どもの身の周りの事が気になりますよね。

服はどれくらいいるのか?
オムツは、どれを買えばいいのか?
どのメーカーが良いのか?
ベビーシートは?
ベビーカーは?
ベビーベットって使うのかな?

もっともっと、本当に数限りなくあります。
たぶん、そうゆう物質的な事は、
子どもが生まれてしばらくしたら、
だいたい分かってきて、落ち着くと思います。

落ち着いたところで気になるのが、“保険”です。
私自身もそうでしたが、長男の時は1歳になる前に
「あ、保険に入らなきゃ」
と思って入りました。
友人にもそういった人が多くいます。
子育てにも慣れて、気持ちが落ち着いた頃に思いだすんでしょうね。

子どもの保険にも、種類がります。
・学資保険
・子ども保険(怪我や病気の医療)
・上記2つを合わせた保険

子どもは、結構病気をします。
身体が小さく、体調が急変する事もあります。
また、怪我をするお子さんもいます。
ですので、入院をするお子さんも多いです。

そういうことを考えると、
子ども保険も入っている方が、安心と言えますね。

正直私は“学資保険”しか頭になかったです。
たまたま、入った学資保険が、
子ども保険ついていたので、良かったのですが。

子どもの保険に入る時には、
その保険がどんな保険なのか?
あなたが、望んでいる保険なのかを
しっかりと見極めましょう。