掛け捨て子どもの保険って?

学資保険は良く聞きますが、
それ以外に掛け捨ての子ども保険があります。
そこがどう違うのか?

学資保険は、子どもの進学時にまとまったお金が必要な時の為に
積み立てておくものです。
これをしているのとしていないのとでは、
進学時の親の負担が全く違うのではないでしょうか?
大抵の学資保険が17歳又は18歳の時に満期になります。

掛け捨ての保険。
これは、大人の保険同様、病気やけがに対応する保険です。
学資保険とは質が違います。
掛け捨てですので、もちろん満期になる事はありません。

よく、全労災なんかで宣伝していますよね。
うちのポストにもよく入っています。
大抵、月1000円くらいの賭け金で、支払いやすくなっています。
1000円くらいで、子どもの音を守ってくれているのなら・・・。
と思ってしまいますよね。

子どもの掛け捨ての保険に入る前に確かめて欲しいのが、
学資保険にも、掛け捨ての保険と同様に
医療の保証が受けられるのか?

そこのところをムダにならないように、しっかりと見ておいてください。
生まれた子供自身に万が一のことが起こった場合のことを考えると、
「こども保険」は大切ですよね!