年金制度について

"現在の日本の社会保障制度では、すでに限界がみえていて、少子化を受け、どう考えても将来日本の高齢者を支える人口が少なすぎます。
それがわかっているだけに、自分たちの年代では、年金を受給することができないのではないか、できたとしても、退職してから年金を受け取るまで長いブランクが生じるのではないか、など不安がつきません。
ですが、国民年金など毎月多額の保険料を支払っています。結局、今の私たちが今の高齢者を支えているわけですから、払っている保険料は、自分たちの老後のためのお金ではないわけです。
今の高齢者は、私たちに比べて、高度成長期を経験した裕福な世代なので、できれば、早く是正して、今おさめている保険料は、自分たちの年金に一部でも割り当ててほしいと考えます。"