お金を貸すときはあげるつもりで

私は子供の頃からお金の管理に関してはしっかりしていて、お小遣いやお年玉、アルバイトで稼いだお金はほとんど遣わずに貯金していました。高校を卒業した頃には400万以上はありました。高校を卒業してすぐに就職をしました。そこで頂いたお給料もほぼ貯金していました。私はこういうタイプの人間なので、人からお金を貸りる人の気持ちがよく分かりませんが、お世話になっている人から貸して欲しいと言われたら、あげるつもりで貸すと思います。でも多分返してはもらえないと思うのでその時は縁を切ると思います。お金より大切な物はたくさんありますが、お金は生活をしていく手段であり、幸せになる手段でもあります。私は子供の頃家が貧しかったので辛い思いをしました。今はお金に困らない暮らしをしていますが、物を購入する時は何ヶ月も前から貯金をしておいて購入するようにしています。お金を貯めている間にそのものが本当に大切なのか。考える時間も出来ますし、必要なければ購入しなければ済むことなので。お金は永遠のテーマですね。節約や貯蓄を励むあまり遣うタイミングが分からなくなっています。今後はメリハリを付けて貯蓄に励んでいきたいと思います。